2016年04月19日

ことば

お前は、この程度の生き方で満足をしているのかという言葉の裏には、目の前の人間に対する強い信頼がある。それは「お前はこの程度の人間じゃないだろう」という信頼であり、自分の奥の方に眠る何かを、このひとだけはしっかりと見据えてくれているという嬉しさがある。ああ、ほんとうは、自分はもっと激しく生きたかったのだと焦がれている、胸の奥に眠る生命の存在に気付く。自分を守ろうとするのではなく、自分をダメにしてやろう。自分を投げ出してやろう。うまくやろうとするのではなく「よし、失敗してやろう。傷ついてやろう」と思う時に、自分の命が踊る感覚がある。幸も不幸もどんと来い。満足した豚に、狼の孤独は歌えない。ギリギリの道を行くものにだけ宿る魅力があるのだと思う。


そうだと思う
posted by 編集長ひでお at 16:06| Comment(2) | 心に残る言葉

ことば


絶滅危惧種は大切にされる。  

自分自身に「大切にされたければ、絶滅しろ!」と思うことがある。
どこにでもいるような生き方をしていたら、
自分ひとりでも思い煩うことなく増殖を繰り返すことができるような生き方では、
絶滅危惧種のような高待遇を受けることはできない。

私は、絶滅危惧種のようなレアでピュアな人間が好きだ。

このひとでもいいかなと思うひとではなく、
この絶滅危惧種のような希少性と純度を携えたひとと
同じ時間を過ごしたい【同じ時代を生きていたい】と思っている。
posted by 編集長ひでお at 16:02| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年04月11日

これから向かう先

魂は、簡単に腐ってしまうように出来ているのだと思う。

自分の内側にある光を守るものは、他の誰でもない、自分自身だ。

無様でも、不器用でも、どれだけ周囲の人間からは蔑まれたとしても、
自分が「美しい」と思うものを選択すること。


何があっても、何を言われたとしても、自分だけは自分を離してはいけないのだ。


「魂は簡単に腐ってしまう」
posted by 編集長ひでお at 14:05| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年04月04日

ことば

私は、自分に恥ずかしくない生き方ができているだろうか。  

昔の自分に、胸を張れる生き方をできているだろうか。

私には、まだ、何もわからない。

何もわからないけれど、わからないなりに、わからないまま、
過去の自分が音楽の中に自分の居場所を見出したように、
自分がこれから綴るもの、自分がこれから詠うもの、
自分がこれから織り成すもの、それらのすべてに音楽が宿るような、
そういう生き方をしていきたいと思っている。


そういう生き方をしていきたいと思ってい・・・・・た
posted by 編集長ひでお at 21:21| Comment(0) | 日記