2017年02月18日

なるほど

疲れた時、私は、紙とペンを用意する。

そして、自分の感情をすべて紙に吐き出す。
疲れている時は、ただ「疲れた」と紙に書く。

すると、不思議なことに「疲れた」と書いているにも関わらず、
自分の体がちょっとだけ元気になるような感覚を覚える。

疲れたという感覚をずっと自分の中に持ち続けるといることは、
自分をさらに疲れさせる。
紙に書くということは、一旦、自分の感情を外に出す【手放す・自分をからっぽにする】ということなのだろう。

そして、紙に書くという行為を通じて、
ああ、自分は疲れていたのだなあという(自分に対する)ある種の共感を生む。

自分との関係も人間関係であり、苦しみも悲しみも疲労も、ネガティブとされている感情も、
寄り添ってくれるものがあればそれは「温もり」に変わる。
posted by 編集長ひでお at 12:01| Comment(0) | 心に残る言葉

今日のことば

いろいろなひとがいろいろなことを言う。

あれをした方がいいとか、これをした方がいいとか、
正義や善意の仮面を被って、様々な情報が私達の内面を惑わせてくる。

それでも、何よりも大切にしたいと思うことは
「あれをした方がいいというものではなく『あれをしたい』と感じる静かな息吹、
これをした方がいいというものではなく『これをしたい』と感じる静かな躍動、
自分から前のめりになってそれをやりたいと自然に体が動き出すような、あの瞬間に芽生える感覚」
なのだと私は思う。

自分の内側にある泉の存在を信じること、
絞り出したものではなく「湧き出すものの声に従う」こと、

きっと、その先に生きていてよかったと思える瞬間のよろこびはあるのだと思う。
posted by 編集長ひでお at 11:08| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年09月30日

今日のことば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いま、必要なのは「静かになれる時間と空間」なのだと私は思う。

自分にとっての大切を護るためにも、
自分で自分を調律するためにも、

ひとりきりになれる時間
【静かになれる時間】は必要みたいだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人生とは、自分を楽しませることである
posted by 編集長ひでお at 17:24| Comment(0) | 心に残る言葉

単純なことば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうしたいと思った、その気持ちこそを大切にしていきたいのだと思う。
posted by 編集長ひでお at 17:04| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年09月16日

そうだよね



・・・・・・・・・・・・・・・
居場所とは、場所ではなくて人間だ。
何かを愛する自分のこころだ。
自分のことを愛してくれる何かを求めるのではなく、
自分から進んで愛していける何かを見つけること。
愛される前に愛することができるようになった時、
きっと、そこが自分の居場所になる。
嫌いだと思う気持ちではない、
報われないと思う気持ちではない、
愛されたいと思う気持ちではない、
好きなひとを好きだと思うその気持ちに、
愛するひとを愛していると思うその気持ちにこそ、

殉じること。

ひとを愛する才能は、きっと、誰の中にもある。


posted by 編集長ひでお at 17:28| Comment(0) | 心に残る言葉

今日のことば


・・・・・・・・・・・・・・

相手の意見を尊重することの100倍くらい、多分、私たちは自分の意見を尊重してもいいのだと思う。自分の存在を受け入れることができた分だけ、きっと、相手の存在も受け入れることができる。自分の存在を受け入れようとするひとの姿を通じて、私たちは「自分の存在を受け入れようとする」ことができる。世界を救うためにできること、それは「まずは自分を救うこと」だと思っている。



posted by 編集長ひでお at 17:12| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年07月17日

幸せということ

私は、人間関係における幸福は「同じ気持ちを分かち合えた瞬間」に生まれるものだと思っている。自分が笑う時、世界も一緒に笑顔になる。しかし、自分が泣く時は世界にひとりぼっちで泣く。世界は一緒に泣いてはくれない。ただ、稀に世界も一緒に泣いている時がある。世界も一緒に泣いている時、それは幸福な瞬間になるのだと思う。同じ喜びだけではない、同じ涙を流している時、それは、美しくて貴い「幸福な瞬間」なのだと思う。
posted by 編集長ひでお at 15:06| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年05月11日

決意

特別なことはしなくても、


特別な人間になろうとはしなくても、


自分の心が「いいな」と思える瞬間を重ねた先に、


多分、特別な人生はあるのだろう。


posted by 編集長ひでお at 14:56| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年04月19日

ことば

お前は、この程度の生き方で満足をしているのかという言葉の裏には、目の前の人間に対する強い信頼がある。それは「お前はこの程度の人間じゃないだろう」という信頼であり、自分の奥の方に眠る何かを、このひとだけはしっかりと見据えてくれているという嬉しさがある。ああ、ほんとうは、自分はもっと激しく生きたかったのだと焦がれている、胸の奥に眠る生命の存在に気付く。自分を守ろうとするのではなく、自分をダメにしてやろう。自分を投げ出してやろう。うまくやろうとするのではなく「よし、失敗してやろう。傷ついてやろう」と思う時に、自分の命が踊る感覚がある。幸も不幸もどんと来い。満足した豚に、狼の孤独は歌えない。ギリギリの道を行くものにだけ宿る魅力があるのだと思う。


そうだと思う
posted by 編集長ひでお at 16:06| Comment(2) | 心に残る言葉

ことば


絶滅危惧種は大切にされる。  

自分自身に「大切にされたければ、絶滅しろ!」と思うことがある。
どこにでもいるような生き方をしていたら、
自分ひとりでも思い煩うことなく増殖を繰り返すことができるような生き方では、
絶滅危惧種のような高待遇を受けることはできない。

私は、絶滅危惧種のようなレアでピュアな人間が好きだ。

このひとでもいいかなと思うひとではなく、
この絶滅危惧種のような希少性と純度を携えたひとと
同じ時間を過ごしたい【同じ時代を生きていたい】と思っている。
posted by 編集長ひでお at 16:02| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年04月11日

これから向かう先

魂は、簡単に腐ってしまうように出来ているのだと思う。

自分の内側にある光を守るものは、他の誰でもない、自分自身だ。

無様でも、不器用でも、どれだけ周囲の人間からは蔑まれたとしても、
自分が「美しい」と思うものを選択すること。


何があっても、何を言われたとしても、自分だけは自分を離してはいけないのだ。


「魂は簡単に腐ってしまう」
posted by 編集長ひでお at 14:05| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年03月31日

生き方

あんまり先のことを考え過ぎてはいけないのだと思う。

一般的な幸福に惑わされると、自分の幸福を見失ってしまう。

特別な人間になろうとはしなくても、自分の心が「いいな」と思える瞬間を積み重ねた先に、

多分、特別な人生はつくられるのだと思う。
posted by 編集長ひでお at 14:24| Comment(0) | 心に残る言葉

自分という覚悟

多分、大切なことは【いま、この瞬間から、自分は自分の足で立つ】ということだ。

完璧であろうとするのでもなく、誰かに何かを補ってもらうことを求めるのでもなく、

「いつか」と何かを先送りにするのでもなく、
足りないものは何もない、自分にはこの肉体とこの精神しかないのだから、
ありのまま、自分のままので自分の姿を誇ること。

不完全なら不完全なりに、不完全なままで胸を張る。


多分、その姿が『完全な自分』になる。
posted by 編集長ひでお at 14:11| Comment(2) | 心に残る言葉

2016年03月21日

いつもの

覚悟とは


「ひとりでもいい」という覚悟と「死んでもいい」という覚悟の二種類があると思う。

ひとりではいられない人間は群れ合い、憎しみや嫉妬など【共通の敵】を通じて、相互の連携を深める。死んでもいいという覚悟が決まらなければ、延命措置的なサムシングに執着をして、最悪の場合はゾンビのような人間になる。

これら二つの覚悟が決まっているひとには、潔い、清々しい風が吹いている。
posted by 編集長ひでお at 11:45| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年03月12日

変化すべきは自分自身

いまいる場所がもしも気に入らないのだとしたら、自分から新しい場所に行くことも出来るし、いまいる場所に新しい要素を加えることもできる。

普段、日常的に過ごしている場所から一時的に離れることで、客観的に物事を捉えられるようになり、執着や思い込みから距離を置くことができる。

大事なことは「世界を変えるのではなく、世界を増やす」という思考だと思う。

革命とか、戦いとか、破壊と再生とか、言葉だけを見ると何か格好良いドラマチックな響きを帯びるが、
自分以外の何かを変えようとすることは、自分の以外の何かを否定することに繋がる。

周りはどうあれ自分だけは、自分が「これだ!」と思うことを続けることで、世界は増える。

否定は憎しみと争いを生む。

そして、最悪の場合は『戦争』を生む。


戦争は、悪意と悪意のぶつかり合いだけではなく、正義と正義のぶつかり合いからも発生する。



本当の意味で変化を求めている対象は、常に、他人でもなければ世の中でもない『自分自身』になる。
posted by 編集長ひでお at 12:30| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月27日

気が付いたことば

運気と行動は比例する。

多分、生きているということは「動いている」ということだ。

そして、金持ちだろうが貧乏人だろうが、誰のもとにも
『動くことすらもできなくなる瞬間』が、必ず来る。

生きているのはいまだけだということ、
そして、どうでもいいことに束縛されてしまう前に

「これだけは、自分にとってはどうでもいいとは思えないもの」を見つけること。

多分、人生を輝かせるために、必要なものはそれほど多くはないはずだ。
posted by 編集長ひでお at 12:17| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月22日

ことば

自分のこころが「いいな」と感じる方向にふらっと漂う軽やかさは、

時に、運命的な実を結ぶことがある。

こうでなければいけないということなんて、

ほんとうは何ひとつないのだ。




posted by 編集長ひでお at 12:20| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月17日

わかってるさ

何かあたらしいことをやろうとする時、あたらしい一歩を踏み出そうとする時、必ず、それを邪魔する人が現れる。その時にやるべきことは、その人を退治することではなく、理解を求めることでもなく、自分が「これだ!」と思うことにエネルギーを注ぎ続けることだと思う。自分が嫌いなものではなく、自分が好きなものに使ってこその命だ。




posted by 編集長ひでお at 16:54| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月09日

今日のことば

生きているとはどういうことなのだろうか。


生きていないということは、どういうことなのだろうか。


さみしくなることがあるとすれば、それはどういうことなのだろうか。

居場所がないということは、居場所があるということは、どういうことを指すのだろうか。

わからないまま、わからないまま、確かに存在しているものがある。
いま、生きているということ、自分が自分であるということ。
手があり、足があり、動かすことができるということ、
やがて、動かすことができなくなる日が来るということ。


生きているということは、多分、存在の不思議に触れることだ。
posted by 編集長ひでお at 17:11| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月05日

今日のことばから思うこと

いばや通信より

私は高級漆器をタンバリン代わりにしたひとを責めたい訳では微塵も無い

私が言いたいのは『誰も悪くない』ということであり、

何というか、もう、仕方がないということが世の中にはたくさんある。


何かをやれば、何かを得る。
それが一時的には非常にショッキングな出来事であろうとも、
過ぎて見れば、ひとつの笑い話になる。

ユーモアがないものを楽しむことはできない。
笑い話を増やしていこう。
人生とは、多分、自分を楽しませることである。


だけどね
posted by 編集長ひでお at 09:39| Comment(0) | 心に残る言葉