2016年02月02日

今日のことば





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう、そんなことはどうでもいいじゃないか。



細かいことにこだわって生きるのはやめよう
posted by 編集長ひでお at 13:37| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年02月01日

今日のことば

この世の中で一番大切なことは「どれだけ心を込めたか」なのだと思う。

仕事にしろ、家事にしろ、人間関係にしろ、目の前にあることに心を込めている瞬間は、
誰であれ、何であれば、幸せな瞬間なのだと思う。

ひとに優しくあろうとすることは、そのまま「自分が感じる幸福」になるのだと思う。


連日の雨があがり、熱海の空には太陽が顔を出した。

私は、太陽のような存在でありたいと思っている。

それは「闇を照らす」とか「身体を温める」とか「光り輝く」という前向きなものだけではない、

場合によっては「迂闊に近づくと火傷をする」ものでもあり、
根本的には『剥き出しでそこにある』だけの巨大なエネルギーの塊になる。

太陽は何も見返りを求めずに私達を照らす、きっと、太陽からしてみれば照らしているつもりもないのだろう。


太陽は、ただ、剥き出しでそこにあるだけだ。


http://ibaya.hatenablog.com/entry/2016/01/31/095844
posted by 編集長ひでお at 12:40| Comment(0) | 心に残る言葉

2016年01月25日

いつもの・・・・

一度だけの人生である。

ひとりだけの自分である。

自分が自分のままで咲き誇り、そして、自分が自分のままで散り誇る。

私は其処に『有終の美』を見る。

自分の人生なんだから、やりたくないことはやらなくていいし、
やりたいことはどれだけ馬鹿にされたとしてもやった方がいい。

多数の無理解に苦しむことがあったとしても、

そのままでいいから、

誰の目も気にしないでいいから、

思う存分、

自分が咲きたいように咲き誇れば(自分が散りたいように散り誇れば)
百点満点のはなまる一等賞なのだ。


やりたいようにやりたい
正しいことを

思い切りの覚悟の中で
posted by 編集長ひでお at 12:36| Comment(0) | 心に残る言葉